映像業界出身の人に聞いた話で、映像(放送)の世界には、黒より黒い黒があるそうだ。

人間の見た目で区別できるものではなくて、機械でこの数値より低い黒はNGというような基準があるらしい。
そして基準に反しているものは放送できないと。この辺がそうかな。
カラーバー、波形モニター、ベクトルスコープの使い方 編 – ビデオ製作者のノンリニア編集講座/Atomic-pv

3GCGから入って放送用のデータ作ったことない方だったりすると、結構やってしまうらしい。

一定時間内の点滅の回数に制限があるのは聞いたことあったけど(○○モン症候群とかあった)、そういうところにも基準が存在するとは…

映像業界って、良くも悪くも成熟した業界だと思うけど、業界内でそういう基準がしっかりしてるところは、IT・Web業界も見習わないといけない気がする。
プログラムも、稀に見るとかひどいコードは本当にひどかったりするし。
SQLインジェクション対策も、スクリプトインジェクション対策も一切なしで、OOPどころか構造化プログラミングですらないコードとか。

ブラックホールからそんなこと考えてみた。

関連記事

    None Found

コメント一覧

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため下の計算結果を入力して下さい *

ページの先頭へ