7月23日にニフティさん主催で開催された 「ニフティクラウド meet-up!」 ~スピーディな DevOps 実現のために。Chef の活用事例と CloudAutomation ~というセミナーでChefについて発表してきました(当日開催レポート)。   その時のスライドになります。   クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス from N...

続きを見る

Vagrantが普通に使われるようになってきましたが、皆さん活用してますか? 知っている方も多いと思うんですが、Vagrantは1.1以降からAWSやRackspace等のIaaSもproviderを追加する形で接続可能となっています。 vagrant up --provider=hogeとすることでサーバの立ち上げやprovisioningの実行が行えるというものです。   海...

続きを見る

MySQL Clusterを使ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/04/07(日)

MySQL Clusterの検証をする機会があったのでメモ。   通常のMySQLサーバを運用する場合、Masterサーバ×1+Slaveサーバ×nな構成とし、Master→Slaveへレプリケーションを行いつつ、更新系のクエリはMasterに投げ、参照はSlaveサーバのいずれかへ行うことで負荷分散を行っていると思います。   しかしこの構成の場合、ソ...

続きを見る

本日、2012年12月8日に開催されたRejectTokyoRubyKaigi10で「Jenkins×JMeterで負荷テスト自動化」というタイトルで発表してきました。スタッフの皆様、会場提供してくださったドリコム様、ありがとうございました。 発表資料 JenkinsとjMeterで負荷テストの自動化 from oreradio スライド中に出てくるJenkinsプラグインのスク...

続きを見る

最近サーバセットアップツールのChefを使う機会があったのでメモ。 この手のツールでは今まではPuppetがよく使われていたと思いますが、最近Chefの名前をよく聞くようになりました。 Python界隈だとFabricも聞きます。実際社内でPython使ったプロダクトはあるのでFabricを使ったセットアップスクリプトを使う機会もありますが、個人的にはFabricは記述が自由すぎて管理しに...

続きを見る

最近Apache JMeterのBSF Processorを使った負荷テスト計画の作成を行ったのでメモ。   負荷テストで広く使われているApache JMeterですが、BSF(Pre|Post)Processorという機能があります。 JMeterの標準機能では処理できない場合にJavaScriptやRuby、Pythonなどを使った処理を使うことが出来るもの。 ...

続きを見る

最近、イベントコレクター(イベントログ収集ツール)のFluentdが話題になっているようです。   今回実案件でFluentdとMongoDBを使ってみたところ、ログの集約化・データマイニングなどに思いのほか使えそうなのでメモ。FluetdのインストールからMongoDBに保存してMongoDBからデータを引っ張ってくるところまで。 Fluentdのインストール Ruby1....

続きを見る

リアルタイムミラーリングツールのlsyncd。 こいつを使うと複数サーバ間でファイルのリアルタイム同期ができるようになります。   このlsyncdを使ってファイルの同期をしていて、ミラー元のファイル変更の検知ができていなかった時の対処法です。 Webサーバ間で画像ファイルの同期を行っており、ロードバランサでアクセスが各Webサーバに振り分けられるよくある構成です。 ...

続きを見る

バグ管理システムのRedmine、システム開発では欠かせないツールですが、今回さくらのVPSを借りてそこに自分用のRedmineをインストールしてみました。 バージョン管理はGitでやることにしましたが、できればリモートレポジトリを自鯖上に構築するのは避けたい。Githubの非公開レポジトリをRedmineから参照する方法を調べてみました。 ちなみにRedmineの認証機能以外のアクセス権...

続きを見る

.screenrcを晒してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/11/05(金)

前回の「.zshrcを晒してみる」に続き、今回は.screenrcを晒してみる。screenコマンドとは... escape ^Tttermcap kterm hs@terminfo kterm hs@vbell offbind w windowlist -bhardstatus alwayslastline I%wIdefhstatus I^En:^EtIshell -$SHELLstartu...

続きを見る

ページの先頭へ