7月23日にニフティさん主催で開催された 「ニフティクラウド meet-up!」 ~スピーディな DevOps 実現のために。Chef の活用事例と CloudAutomation ~というセミナーでChefについて発表してきました(当日開催レポート)。   その時のスライドになります。   クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス from N...

続きを見る

Vagrantが普通に使われるようになってきましたが、皆さん活用してますか? 知っている方も多いと思うんですが、Vagrantは1.1以降からAWSやRackspace等のIaaSもproviderを追加する形で接続可能となっています。 vagrant up --provider=hogeとすることでサーバの立ち上げやprovisioningの実行が行えるというものです。   海...

続きを見る

本日、2012年12月8日に開催されたRejectTokyoRubyKaigi10で「Jenkins×JMeterで負荷テスト自動化」というタイトルで発表してきました。スタッフの皆様、会場提供してくださったドリコム様、ありがとうございました。 発表資料 JenkinsとjMeterで負荷テストの自動化 from oreradio スライド中に出てくるJenkinsプラグインのスク...

続きを見る

最近サーバセットアップツールのChefを使う機会があったのでメモ。 この手のツールでは今まではPuppetがよく使われていたと思いますが、最近Chefの名前をよく聞くようになりました。 Python界隈だとFabricも聞きます。実際社内でPython使ったプロダクトはあるのでFabricを使ったセットアップスクリプトを使う機会もありますが、個人的にはFabricは記述が自由すぎて管理しに...

続きを見る

RailsのMigrationの機能便利ですよね。 他の言語やレガシーコードなフレームワークを使っていると、このMigrationの機能だけでも使いたいと思うことがよくあります。 それを可能にしてくれるStandaloneMigrationというgemがあるようで試してみました。 Ruby1.9.2を使っています。 インストール手順 プロジェクトディレクトリ作成 mkdir h...

続きを見る

MacPortsでgem install mysqlができない

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/01/01(土)

Ruby1.9.2とRails3もリリースされて、新規開発はそちらに移行したい今日この頃。いまさらですが、MacPortsのRVM上で「gem install mysql」する時にハマったので自分用メモ。 gem install mysql を実行するとエラーが出てインストールできず。ネットを漁って以下のコマンドで解決。 export ARCHFLAGS="-arch x86_64" ; g...

続きを見る

RubyのGemでgem install railsとやると、結構時間がかかる。これをWeb+DB PRESSのVol.51(2009年7月)号に紹介されていた方法。既に構築済みの環境で gem fetch rails gem fetch activerecord gem fetch activesupport を実行すると、ローカルに.gemファイルができあがる。あとは新しく構築したい環境に...

続きを見る

ページの先頭へ